生命保険の見直し

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

この先、加入している生命保険を見直しする場合、まずは保険の種類を再検討することから始めましょう。いざという時に必要となる保証が受けられる状態になっていないと、後になって困ることとなります。保険の種類を再検討する際には、保険加入の目的を考え直してみると良いでしょう。こちらの方法を実践することで、必要な保証が受けられる保険の種類が明確になります。保険の種類が多く、個人での見直しに限界を感じた場合には、無料で相談できる保険見直しサービスなどもあるので活用してみると良いと思います。

また、保険の見直しでは、受取人として誰を指定するのかもチェックポイントになります。保険契約における受取人は、保険金を受け取る人で、基本的には誰でも良いのですが、死亡保険の場合、肉親を指定するのが一般的です。また、肉親以外の人物を指定する場合、保険会社に関係を調査される可能性があります。

そして、保証金額も、保険見直しで再検討しておきたいポイントです。こちらは、高ければ高いほど安心できますが、保険料の負担もそれだけ重くなるという点に注意する必要があります。保険料の支払いは毎月のこととなるため、家計に過剰な負担が掛からないように、現在の収支状況に見合った金額を設定する必要があります。こちらの設定金額に無理があると、最終的に不利益をこうむるリスクが高くなります。

こちらでは、生命保険の見直しに関するさまざまな情報をお届けしてまいります。皆さんの中で、保険の見直しを考えているものの、具体的なチェックポイントが分からないという悩みをお持ちの方などは、チェックしてみて下さい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket