保険の種類と受取人

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

これから生命保険の見直しをしようという場面では、まず、保険の種類に気を配りたいところです。自分にとって必要な保証が受けられる契約内容になっていない状態を放置すると、いざという時に困ることとなります。

生命保険の種類を見直すにあたっては、保険に加入する目的を考え直してみることが大切です。例えば、定年を迎えた後、家族の生活よりも、自分の老後のことを考えて保険に加入する場合、死亡保険ではなく、終身保険が適しているということになります。また、子供が生まれて、教育のために掛かる資金を確保するためには、学資保険に加入するという選択肢もあります。そのように、保険に入っているのは何のためなのかを再検討すれば、必要とされる保険商品の種類も浮き彫りになって来ます。

次に、保険見直しの際には、受取人を再検討することもポイントになります。保険の受取人は、保険金を受け取る人のことを意味し、基本的には誰を指定しても構いませんが、死亡保険では、配偶者や子供などの肉親を指定するのが一般的なケースとなっています。受取人には、肉親以外の人物を指定することも可能ですが、その場合、契約する際に、保険会社のスタッフに関係を調査される可能性があります。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket