作者別: admin

他に気を配りたい事項

保険の見直しを行なうにあたって、保証金額を再検討する上では、現在の自分の資産状況や生活状況に見合った金額を設定することがポイントになります。具体的には、まず、現在の家庭生活を生涯に亘って維持し続けた場合に必要となる金額を計算してみましょう。こちらは、一家の稼ぎ手が死亡してしまった時、残された家族が必要とする金額になります。

ただし、こちらの金額を全て保険で賄う必要はありません。働き手がいなくなった場合にも、公的年金を受給したり、勤め先企業の福利厚生制度を利用したりすることが可能になります。また、勤め人で厚生年金や共済年金、自営業者で国民年金に加入している人は、遺族年金の支給を受けることができます。また、会社勤めのビジネスパーソンには、勤務先から死亡退職金や弔慰金などが支給される場合があります。

それらの方法で得られる収入と、現在の預貯金残高や所有する証券なども差し引いた上で、保険によってまかなう必要のある金額を算出しましょう。こちらの金額が明らかになれば、保証金額を設定する上で参考にすることができます。

その他に、保障期間や保険料の設定状況も、保険の見直しをする際のチェックポイントとなります。

受取人と保障額の検討

生命保険の受取人としては、法定相続人が指定されるケースが多く見受けられます。こちらの状況には、人間関係による影響も大きいものの、それ以上に、税制面の優遇措置が関係しています。法定相続人は、相続税の控除が受けられるという優遇措置があります。また、法定相続人が配偶者である場合には、さらに有利な条件で遺産相続を行なうことが可能となります。

保険見直しの際には、そのあたりの事情を踏まえた上で、受取人を配偶者に、それが無理な場合には法定相続人に変更することをおすすめします。例えば、結婚前に生命保険に加入し、結婚した後も受取人が両親のままになっている場合は、受取人を配偶者に変更するのがおすすめの方法です。

次に、保証金額の設定状況も、保険見直しの際のチェックポイントとなります。保証金額は、高く設定するほど、いざという時の安心感も高くなりますが、その分だけ、保険料の負担金額も重いものとなります。保険料は月々負担することとなるので、現在の収支状況に見合った範囲内の金額でないと、家計に過剰な負担が掛かってしまいます。そのようにして無理に保険料を支払い続けると、結局は途中解約となり、損失をこうむるリスクが高くなります。

保険の種類と受取人

これから生命保険の見直しをしようという場面では、まず、保険の種類に気を配りたいところです。自分にとって必要な保証が受けられる契約内容になっていない状態を放置すると、いざという時に困ることとなります。

生命保険の種類を見直すにあたっては、保険に加入する目的を考え直してみることが大切です。例えば、定年を迎えた後、家族の生活よりも、自分の老後のことを考えて保険に加入する場合、死亡保険ではなく、終身保険が適しているということになります。また、子供が生まれて、教育のために掛かる資金を確保するためには、学資保険に加入するという選択肢もあります。そのように、保険に入っているのは何のためなのかを再検討すれば、必要とされる保険商品の種類も浮き彫りになって来ます。

次に、保険見直しの際には、受取人を再検討することもポイントになります。保険の受取人は、保険金を受け取る人のことを意味し、基本的には誰を指定しても構いませんが、死亡保険では、配偶者や子供などの肉親を指定するのが一般的なケースとなっています。受取人には、肉親以外の人物を指定することも可能ですが、その場合、契約する際に、保険会社のスタッフに関係を調査される可能性があります。

生命保険の見直し

この先、加入している生命保険を見直しする場合、まずは保険の種類を再検討することから始めましょう。いざという時に必要となる保証が受けられる状態になっていないと、後になって困ることとなります。保険の種類を再検討する際には、保険加入の目的を考え直してみると良いでしょう。こちらの方法を実践することで、必要な保証が受けられる保険の種類が明確になります。保険の種類が多く、個人での見直しに限界を感じた場合には、無料で相談できる保険見直しサービスなどもあるので活用してみると良いと思います。

また、保険の見直しでは、受取人として誰を指定するのかもチェックポイントになります。保険契約における受取人は、保険金を受け取る人で、基本的には誰でも良いのですが、死亡保険の場合、肉親を指定するのが一般的です。また、肉親以外の人物を指定する場合、保険会社に関係を調査される可能性があります。

そして、保証金額も、保険見直しで再検討しておきたいポイントです。こちらは、高ければ高いほど安心できますが、保険料の負担もそれだけ重くなるという点に注意する必要があります。保険料の支払いは毎月のこととなるため、家計に過剰な負担が掛からないように、現在の収支状況に見合った金額を設定する必要があります。こちらの設定金額に無理があると、最終的に不利益をこうむるリスクが高くなります。

こちらでは、生命保険の見直しに関するさまざまな情報をお届けしてまいります。皆さんの中で、保険の見直しを考えているものの、具体的なチェックポイントが分からないという悩みをお持ちの方などは、チェックしてみて下さい。